sakfam's blog

@sakurako_pokのブログ

〜自己流ルカリオ軸サイクルの組み方〜

今回は、自己流ルカリオ軸サイクルの組み方について、紹介しようと思います。

かなり長くなりますが、最後まで読んでくださると、ルカリオ軸サイクルを知ってもらえるように書きますので、よろしくお願いします。

f:id:sak110:20180321074958p:image

ルカリオ軸の分類分け〜

 

有名なものを細かく分けると....

・ルカリザカバミミ@2

ルカリオカイリューボルトランド@2

ルカリオ軸対面構築

ルカリオ軸展開積み構築

ルカリオ軸サイクル

とこの辺りになってくるのではないか。

 

ルカリザやルカボルトランドで結果を残している方々は数多くいる。

ルカリオ軸対面構築も、数は少ないが、強い方が存在する。

カバルカカイリューのような積み展開は、大きく数を減らしており、現環境には相当厳しい。

 

 

僕は6世代からルカリオ軸サイクルを使っているが、現環境でもまだまだやれると思っているので、是非みなさんに御一考いただきたい。

 

 

 

ルカリオ軸サイクル〜

 

ルカリオ軸サイクルとは何か

 

ルカリオというポケモンは、対面不利なポケモンが相当多いのは事実である。

ミミッキュランドロスリザードンバシャーモ、コケコ、テテフ、ゲッコウガ....etc

 

環境上位にほとんど対面不利なのである。

しかし、考え方を変えると、見方も変わってくる。

ミミッキュ←皮を剥がせば有利

ランドロス←スカーフ以外は半分削れば有利。スカーフでも先制技圏内に入れてしまえば勝てる。

リザードン←こちらも半分程度削れば有利

 

などなど、強力な先制技や高いSがあるルカリオは、サイクル内で疲弊させたポケモンを処理するのには非常に優れているのである。

加えて、有利対面から引いて受けられるポケモンはとても限られているのだ。一度は受けられても、二度受けられるポケモンはほとんど存在しない。

僕はこの点から、サイクル向きのポケモンであると考えている。

 

よって、裏を、ルカリオの苦手なポケモンを削ることができ、且つサイクル向きのポケモンで固めることで、ルカリオの実力が牙を剥くと思っている。

その構築の組み方について、6世代からの僕の経験則に従って、紹介していこうと思う。

 

 

 

〜組み方の手順〜

 

リザードンに崩壊させられない構築を組む

 

何故、これが最初のステップかというと、リザの処理ルートを複数作れる構築を組むことで、自然とルカリオが苦手な他のポケモンをカバーできるからである。

 

処理ルートを2つ作る例を上げると....

スカーフガブリアスを絡めて処理するのが1つ目、チョッキヒトム+レヒレを絡めて処理するのが2つ目。

この例を考えると、ヒトムが対電気のクッションに、レヒレがバシャやギャラを削る受けになり、ガブがゲンガーなどを上から叩いたり、ガモスのストッパーになったりする。

これらのポケモンを絡めてサイクルすることにより、ルカリオの苦手をカバーし、ルカリオを通せる確率がグッと上がる。

 

 

ミミッキュ、テテフに強目な鋼枠を用意する

 

ここまでで、テテフが非常に重くなってくるので、テテフに勝てる鋼枠が必須である。

ガルド、ナット、カグヤ等になってくるが、ミミッキュに薄くなりがちなので、ナット、カグヤ辺りを推したい。

もしカグヤを使うならば、毒持ちを強く推奨する。誘う回復技持ち電気枠や炎枠に毒を刺したい。

 

 

③ここまでで辛いところを補完

 

雨パやミトム辺りが重くなりがちなので、草タイプが欲しくなるが、現環境で草タイプで強いのがガッサ辺りしかいないため、サイクルに適していない。モロバレルでもいいが、ルカリオと苦手なポケモンが被りがちで、あまり選出できないと思う。

この枠は本当に難しいが、ルカリオの型次第で変えるのがいいと思う。

ルカリオを特殊にするならば、崩し枠というよりはサイクル参加できる補完に。

物理にするならば、崩し枠といった感じで。

 

 

 

ここまでで、疑問を持ち始める人がおそらくいると思う。

グロスでよくね?....

 

グロスの方が優れてる点はもちろん多い。

ただ、ルカリオの方が優れている点は、ルカリオは物理受けで止まらない点と、グロス軸に強いことである。

特にグロス軸に強い点は環境において大きな意味を持つと思うので、その辺りがグロスより優れていると思う。

 

 

ここまで文字ばかりで何を言ってるかわからなくなってくると思うので、構築サンプルを例に具体的に説明していこうと思う。

 

 

 

〜構築サンプル〜

 

・特殊悪巧みメガルカリオ

・チョッキヒートロトム

ロリコンレヒレ

・スカーフガブリアス

・バンジテッカグヤ

・@1

 

 

〜選出〜

 

・VSコケコランドグロスなど

ルカリオヒトム+1

初手に出し勝つことがとても重要。

ヒトムの使い方次第で一気に優位に進められる。コケコとヒトムが対面したら、めざ氷安定。

疲弊した相手にルカリオを通す。

 

・カバリザ

ルカリオガブ+1 or ルカリオヒトムレヒレ

リザをステロを撒くなりして削り、ルカリオを通すことを意識。

 

・カバマンダガルド

カグヤ+2(取り巻きによって選出は幅広く)

ルカリオは腐りがちになるが、ゲコカミツルギ辺りがいると、ルカリオの先制技で縛る動きをしたい。

 

・テテフランドゲンガー軸

ヒトムカグヤ+1で比較的勝てる。

カグヤのHP管理を慎重に。

 

アゴギャラ

レヒレガブ+1

アゴの起点にならないように慎重に立ち回る。

 

・ガルーラ軸

ガルドのいないガルーラ軸は、基本ルカリオを絡めたサイクルで勝てる。取り巻きに合わせて柔軟に選出したい。

 

 

 

〜最後に〜

とても長くなってしまいました。最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は最近中々結果が出せませんが、上手い方が使えばルカリオ軸サイクルはまだまだやれると思うので、みなさん使ってみてください。

相談等いつでも受け付けます。

 

Twitter : sakurako_pok